賃貸物件のメリット・デメリット

賃貸物件のメリットとは

賃貸物件のメリットといえばやはり、持家とは違い、気軽に引越しができることですよね。ライフスタイルが変わる度に引越すことも可能ですし、常に新しい所に住みたいという方にとっても、いつでも好きな時に引越せるということはとても魅力的です。持家だとローンや固定資産税の支払いなど、しがらみが強くなります。引越したいと思っても、まずは持家を処分するか、借り手に出すなどしなければならず、手間も時間もかかります。
また、賃貸物件だと設備など何か不都合が起きた場合も、過失がない場合は通常オーナーが直すことになります。外壁のメンテナンス等も考えなくていいというのはありがたいことです。賃貸物件にはこのようなメリットがありますね。

賃貸物件のデメリットとは

賃貸物件のメリットは沢山ありますが、どの選択にも一長一短があるものです。では賃貸物件のデメリットとは何があるでしょうか。最大のデメリットといえば、やはり何年、何十年住み続けても自分の資産にはならないことではないでしょうか。持家の場合は毎月ローンを払い続けていても、最終的に自分の資産になります。しかし、賃貸物件はローンのように終わりはなく、毎月家賃を支払い続けなければなりません。仕事をリタイアした後も家賃を払い続けなければならないというのは不安と思う方も多いですよね。
また、賃貸物件では、持家のように自分の好きなようにリフォームしたりということはできません。オーナーの所有物なので、自由は制限されてしまうというデメリットもあります。